PASPY:トップページ > ご利用方法 > 払い戻し

払い戻し

PASPYが不要になったときは、払い戻すことができます。また、定期券のみを払い戻し、記名式PASPYとしてご利用いただくこともできます。

PASPYが不要になったとき

記名式PASPY・無記名PASPYの場合
カード内残額から手数料を差し引いた金額と、デポジット500円を払い戻しいたしますので、発行事業者の窓口にお申し出ください。

お客様にお渡しする金額=カード内残額-払い戻し手数料200円+デポジット500円

※アストラムラインでは、記名PASPY・無記名PASPYの払い戻しを本通、県庁前、城北、新白島、中筋、大町、上安、大原、広域公園前の9駅のみでお取り扱いいたします。
ただし、PASPYに定期券情報が残っている場合は、有効期限が切れていても県庁前、新白島、大町、広域公園前の4駅でしかお取り扱いできません。

PASPY定期券の場合
定期券の払い戻し計算額とカード内残額の合計から、手数料を差し引いた金額と、デポジット500円を払い戻しいたしますので、その定期券を購入した発行事業者の窓口にお申し出ください。

お客様にお渡しする金額=定期券の払い戻し計算額+カード内残額-払い戻し手数料(※)+デポジット500円

※払い戻し手数料は、事業者により異なります。

※アストラムラインでは、PASPY定期券の払い戻しを県庁前、新白島、大町、広域公園前の4駅のみでお取り扱いいたします。

定期券のみが不要になったとき

PASPY定期券は記名式PASPYとして引き続きご利用いただけます。

PASPY定期券→定期券のみ払い戻し→記名式PASPY

定期券の払い戻し計算額から、手数料を差し引いた金額を払い戻しいたしますので、その定期券を購入した事業者の窓口にお申し出ください。
なお、カードは引き続き記名式PASPYとしてご利用いただけます。

お客様にお渡しする金額=定期券の払い戻し計算額-払い戻し手数料(※)

※払い戻し手数料は、事業者により異なります。

ご注意

※PASPY定期券は、カード内残額のみの払い戻しはできません。
※払い戻しの際は、ご本人を確認できる公的証明書(免許証等)が必要です。
※「カード内残額」または「カード内残額と定期券の払い戻し計算額を合算した額」が払い戻し手数料額以下の場合は、デポジットのみお返しいたします。