PASPY:トップページ > 便利な機能 > 定期券有効期間外の自動引去り機能停止設定

定期券有効期間外の自動引去り機能停止設定

PASPY定期券は、定期券の有効期間外に自動引去り機能を停止することができます。
この機能を設定しておくと、定期券の有効期間が過ぎているのに気づかずに、バス・広電電車・アストラムラインをご利用になりカード内残額が減ってしまったということがなくなります。
ご希望の方は取扱窓口にてお申し付けください。(※設定の変更もできます。)

通常(購入時の設定)は、利用区間の運賃を自動で引去ります。 自動引去り機能停止設定ONの場合は、自動引去りしません。乗務員にお申し出ください。

※アストラムラインの場合は入場できなくなります。窓口にお申し出ください。