PASPY:トップページ > 便利な機能 > 再発行(紛失したとき)

再発行(紛失したとき)

記名式PASPYとPASPY定期券については、紛失等された場合、窓口で紛失登録と再発行が可能です。

再発行の流れ

PASPY紛失時の再発行の流れに関しては、下記チャートを参考にしてください。

カードの紛失→1.もよりのPASPY取扱窓口でお申し込みください。(公的証明必要)→2.登録後、再発行整理票をお渡しします。
整理票発行日を含め4日目以降14日以内に→
3.紛失されたPASPY発行事業者へ(再発行整理票+700円(デポジット+手数料)+公的証明書)→新規カードの出来上がり

再発行お申込み時の注意点とお願い

  • 紛失登録の際、ご購入時の登録情報を確認しますので、公的証明書(免許証等)の提示をお願いいたします。
  • 紛失登録を行ったカードは、ご利用いただけません。
  • 紛失登録の取り消しはできません。
  • 再発行整理票は再発行手続きが完了するまで大切に保管してください。
  • 再発行時には、デポジット(預かり金)500円と手数料200円を現金で申し受けます。
  • 紛失登録後、カードが見つかった場合は、発行事業者の窓口へお持ちください。デポジット(預かり金)をお返しいたします。
  • 紛失から再発行手続き完了までの間に生じた損害について事業者はその責を負わないものとします。
  • 〈ひろぎん〉PASPYについては広島銀行にお問い合わせください。

 
ページの先頭に戻る

アストラムラインでの再発行(紛失したとき)

記名式PASPY・PASPY定期券は紛失しても再発行が可能です。

記名式PASPYとPASY定期券は万一紛失しても再発行ができます。
もよりの取扱窓口にお申し出ください。なお、無記名PASPYは再発行できません。

再発行の流れ

  1. もよりのPASPY取扱窓口で所定の申込書にご記入のうえ、お申し込みください。
  2. 紛失カードの利用停止および再発行のための登録を行い、再発行整理票をお渡しいたします。
    再発行整理票は再発行が終了するまで大切に保管してください。
  3. 再発行整理票と引き換えに再発行カードをお渡しします。
    整理票発行日から数えて4日目以降14日以内に駅の窓口へお越しください。
    14日を過ぎた場合は、再度お申し込みください。
    PASPY定期券は、県庁前駅・新白島駅・大町駅・広域公園前駅での受け取りとなります。
アストラムラインでのPASPYカード紛失時の再発行の流れチャート図

再発行お申し込み時の注意とお願い

  • PASPY定期券は、県庁前駅・新白島駅・大町駅・広域公園前駅の窓口で即時再発行が可能です。ただし、カード内残額の積み替えは整理票発行日から数えて4日目以降14日以内に県庁前駅・新白島駅・大町駅・広域公園前駅の窓口で行いますので、お渡ししたPASPYと再発行整理票をお持ちください。
    ※紛失されたPASPYの残額を積み替える際、残額が20,000円を超える場合は積み替えできません。
  • 再発行整理票は再発行手続きが完了するまで大切に保管してください。
  • 紛失登録および再発行カードの受け取りの際は、ご購入時の登録情報を確認しますので、免許証等の公的証明書の提示をお願いします。
  • 紛失登録の取り消しはできません。
  • 紛失登録を行ったカードは、たとえ登録後にカードが発見されてもご利用いただけません。
  • 再発行時には、デポジット(預かり金)500円と手数料200円を現金で申し受けます。
  • 紛失されたカードが発見された場合は、発行事業者の窓口へお持ちください。デポジット(預かり金)をお返しいたします。
  • 紛失から再発行手続き完了までの間に生じた損害について事業者はその責を負わないものとします。
  • 〈ひろぎん〉PASPYについては広島銀行にお問い合わせください。