PASPY:トップページ > イベント・事業者ニュース

プレスリリース

PASPYエリアにおける全国相互利用ICカードのサービス開始について

 公益社団法人広島県バス協会、広島電鉄株式会社、広島高速交通株式会社、西日本旅客鉄道株式会社は、2017年9月28日にPASPYエリアにおける交通系ICカードの全国相互利用サービスの導入についてお知らせいたしましたが、このたび本年3月よりサービス開始することが決定いたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。

サービス開始時期  2018年3月17日(土)より

(※)一部路線では、ご利用開始が始発便より後になる場合がございます。
新たにご利用可能となる交通系ICカード  「Kitaca」、「PASMO」、「Suica」、「manaca(マナカ)」、「TOICA」、「PiTaPa」、「はやかけん」、「nimoca」、「SUGOCA」

(※)「ICOCA」はPASPYエリアにおいて既にご利用可能です。
利用範囲およびサービス  PASPYエリアの交通機関において、駅の改札機や車内のカードリーダーにタッチするだけで乗車区間の運賃を自動的に精算することができます。また、広電電車・バス等において、チャージができます。アストラムラインでは改札機のみのご利用となり、チャージはできません。

(※)PASPYは、他のエリアではご利用できません。
(※)PASPY割引(最大10%割引)、乗継割引は適用されません。
(※)「ICOCA」は、従来通りのサービスをご提供いたします。

 

■PDFでご覧になりたい方は、以下よりダウンロードしてご覧ください。

「PASPYエリアにおける全国相互利用ICカードのサービス開始について」(PDF-120KB)

ご利用にあたっては、閲覧ソフトAdobe Reader(無料)を下記よりダウンロードしてご利用ください。
Get ADOBE READER

>>プレスリリース一覧へ戻る