PASPY:トップページ > イベント・事業者ニュース

プレスリリース

広島電鉄で発行するPASPYの販売制限について

 広島電鉄の電車・バスにおいて、平成20年1月26日(土)よりサービスを開始いたしました広島県交通系ICカード「PASPY」につきましては、お客様に大変ご好評を賜っております。
しかしながら現在、予想を大幅に上回る好調な売れ行きで推移しておりますため、用意しておりましたカードの在庫が不足する状況となっております。
こうしたことから、11月4日(水)から12月上旬までの間、下記の通り、PASPYの新規販売を定期券のみに限定させていただきます。
PASPYのご購入をご希望のお客様におかれましては、大変ご迷惑をおかけいたしますことを心よりお詫び申し上げます。

 

販売制限の内容
広島電鉄電車・バス車内および広島電鉄各窓口での、「無記名PASPY」「記名式PASPY」の新規販売を停止します。
※定期券の新規販売につきましては引き続きPASPYにて販売いたします。
販売制限の期間 11月4日(水)から12月上旬まで
※販売再開日につきましては決定次第お知らせいたします。
その他 既にお知らせしておりますように、平成21年10月31日(土)をもって終了する予定でしたパセオカード(バスカード)の販売を、12月上旬頃までの予定で延長しております。

本プレスリリースにつきましては、広島電鉄株式会社(http://www.hiroden.co.jp/)へお問い合わせください。

 

>>プレスリリース一覧へ戻る